ヒンヤリ生活 2

バッグやポケットに携帯できる、暑さを忘れほんの一瞬クール爽快にワープさせてくれるものと言えば・・・

ヤードム(メントール嗅ぎ薬)でしょう。薬局、コンビニ、スーパー、商店どこでも売ってるタイの日常必需品です。見た目や大きさはリップクリームに近いでしょうか。かなり種類が出ていますが、私のお気に入りをい二つ紹介します。

1)Peppermint Field

peppermint.jpg

メントールに味があるとしたら、甘い系ヤードム。上部は嗅ぎ薬として、下の部分に入っているメントールオイルは虫刺されにそのまま塗ってもよし、凝っている肩にそのまま塗ったり、こめかみに付けて軽くマッサージしてもよし。

 

 

 

 

 

2)Cher-Aim

liquid.jpg

2種類のヤードムがありますが、ビンに入ったほうはオイル。キャップを開けるとロール状になっていますので、嗅ぐより塗る用途に向いています。緑のキャップの小さい方がヤードム。下の部分にコットンの袋に詰められた11種類のタイハーブが入っていて、そこから漂う香を嗅ぐようにできています。

ハーブだけあって、ちょっと苦いような、でも体に良さそうな匂いがします。どちらかというと年配の方に好まれるブランドらしく、以前友人の車で嗅いでいたら「おばあちゃんの匂いがする」と言われました。

 

 

 

 

 

ヤードムの用途としては、涼を採る、リラックス、リフレッシュ、乗り物酔い防止、気付けなどがメインです。街の至るところで売られていますし、至どころで嗅いでいる人を見かけます。日本には嗅ぎ薬がないのか、電車の中や喫茶店で嗅いでいるとびっくりされますけどね。

それにしても香りに治癒効果があるというのは、ヤードムで初めて知りましたね。暑さや人ごみで意識が遠のきそうになったらススッ、日本の友人にお土産で持っていったら最初は「鼻につっこむ(そこまでしなくても嗅げますが)」ことに抵抗があるからとあまり喜ばれなかったのですが、花粉症の時期に大活躍したとのことでした。

化粧ポーチにひとつ、寝室にひとつ、パソコンの横にひとつ、私にとってもすっかり必需品となったヤードムでした。

 

 

 

 

他のサイト記事

ผีนับจาน (Sarayashiki)

ผีนับจานเป็นเรื่องเล่าของ...

หลักการจำ21

ความจำแบบยาวนะก็คือ ขอถาม...

郵便局

年末には、年賀状を出しに、郵便局へ行きました。 ...

「THE STAR6」の様子

「THE STAR6」はいつから始まっていたのかわ...

Wat Pa Lelai

This is a very old temple...

シリヤパーガート (日食)

15日に日食がありました。 タイ人の知り合いに聞い...

タイ 初めて仲よくなったタイ人の女の子 その2

その子はタマサート大学の4回生で、これから就職活動...

A Brief History of Cinema in Thailand 3

1962 - 1970 : Thailand's ...

日焼けしました

バンコクに住むようになって数年、自分ではあまり意識...

タイ 職場でのいざこざ その3

私は初めてタイで働くということで一生懸命働いた。...

20歳女性、同僚から強姦!

25日、20歳の女性がソンクラー県ラタプーム郡内の...

クノールのお粥なんて日本にあるか?

 一方で、ふくちゃんが最近よく口にするのが、「クノ...

インド寺の朝食って?8

 スクンビットからBTS利用の方は、シーロム線ナシ...

能力のない鷹以前に...3

 日本政府の2010年度当初予算をめぐって、JIC...

ベトナムの石炭事情5

 ホンゲイ炭田で採れる石炭は世界でも最上品質の無煙...

駅員寝坊、シャッター開かず=客8人、始発に乗れず-JR西

心を広く、許してあげて欲しい気分です・・・。...

買い物依存症?

一瞬買い物依存症を疑いましたが、...