タイのタクシー 4

タクシーシリーズ最後は、今まで出会った印象的なタクシーの話です。乗ってトホホな気分になったり、アハハと笑ってみたり・・・

トホホ第一位は、「睡魔と闘っていた運転手」です。夜9時半くらいにスクンビット内で拾い、郊外の我が家まで送り届けてもらったタクシーなんですが、途中一車線の道路で妙にスピードが落ちたり上がったり。タイの運転手さんはブレーキを必要以上に強く踏む人が多いので、そのくちかと思ったのですが、運転手のおっちゃんがしきりに自分の後頭部を叩いている。え?「いやあ、眠くってねえ」とおっちゃん笑って言ってましたが、笑えないのですぐに近くのコンビニで停めてもらい、コーヒーを買ってきて飲んでもらいました。

また、これはきっと皆さんも経験ありだと思いますが、「タイ演歌をがんがんに掛けたタクシー」。乗ったときは音量が小さかったので、私は自分のMP3を聞いていたら、それを見た運転手が私は聞こえないだろうと思ったのか、突如自分のCDをボリュームアップ。すごい聞こえてますから。

そして、最後はむしろ自分に苦笑なんですが、タイでは運転中の携帯電話の通話が法律で禁止されているので、イヤホンもしくはブルートゥースを使っている運転手さんが多くいます。ただ、後姿は普通に運転しているようにしか見えませんから、運転手さんがいきなり一人でしゃべりだしたのかと驚いたり、小声で電話をしているとは知らずに、勝手に私が会話の相手になって運ちゃん爆笑、とか。電話なら電話らしくしゃべってくれ、と思うのですが、向こうも気を使っているようで。

タイのタクシーは日本より人情溢れるというか、生き様が現れているというか。良い運ちゃんに巡りあって、上手に利用したものです。

 

他のサイト記事

ตลาดปลาสึคิจิ ( Fish Market at Tsukiji )

ตลาดปลาสึคิจิ...

โอกินาวา มนต์เสน่ห์แห่งเกาะใต้

เกาะใต้ที่งดงาม เทียบได...

金城

プラカノンのソイ69にある沖縄料理店「金城」へ行っ...

RCAの中へ

「RCA」にはたくさんの店があるので、ひとりだと、...

Fish sauce or Nam pa

Fish Sauce, or "Nam Pla" ...

Must See and Must Go 42 - Giant Swing

In Bangkok, if you have b...

保健省、子宮けいガンに警鐘

保健省医療局のワンチャイ副局長は2月8日に開かれた...

Nakhon Pathom

Nakhon Pathom is one of t...

コピー物のバック

こちらタイでは、ブランド物の偽物バック、いわゆるコ...

タイ 駐在員

私が今一番仲良くしている日本人はある駐在員のおじさ...

ミャンマー難民の面接開始へ!

日本政府は2月2日から、タイ北部メソト市の難民キャ...

一番安いアパートは

 ふくちゃんも一時期、アパートを借りたことがありま...

タイの祝日6

 一方、仏教的理由の祝日は、陰暦次第で毎年日程が変...

ジスプロシウムと自動車12

 将来的には、日本からの輸出に頼っているタイ向けカ...

じゃぁいい映画は?

記事の最後にチョロリといい映画情報が。やはり悪いも...

危ない!

怖い。...